女性のバストに関する男性の価値観

男性は皆おっぱいの大きい女の子が好きだと勘違いしている女性は多いと思います。

確かに男性は女性を見る時に身体のラインや顔を見るのでその中に女性のバストも当然含まれています。

しかし女性のバストというのは不思議なもので、一定の大きさを超えてしまうと恋愛の対象というよりもどちらかというと性欲の対象になりやすくなるのです。

個人差はありますが、一目で見て明らかに胸が大きいと分かるような女性だと一般の男性は愛人目線で見るようになります。

人間的な理性の働いた感覚ではなく、動物的な本能が勝ってしまうのです。

ですからバストを大きく見せようとする商品はたくさんありますが、恋愛をすることに関してはさほど効果をもたらしません。

むしろ身体だけが目的の男性ばかり寄ってくるようになり、本当に好きな男性との楽しい恋愛も阻害される危険性があります。

それから露出度の高い服も良くありません。

露出度の高い服はある意味男性側としては想像する必要がないのでその程度の女性であるという先入観が出てしまいます。

むしろ地味な服装にしておいた方が男性としては想像力がかき立てられるので一歩進んだ関係になりやすく、

シークレットな部分を残しておくと恋愛としても長続きしやすくなります。

女性の勘違いで特に多いのが、「男性はスリムで胸の大きい子が好きだ」というものでしょう。

しかし男性側からするとフェチが足だったりお尻だったりと人それぞれなのでそれに当てはまらないこともあるのです。